groovy130

ジャジーな毎日 

表の庭は和風に、裏庭ではガーデニングを 庭で咲いた花を玄関や部屋に 飾り楽しんでいます。 薄茶の茶花には和洋こだわりなく、 その時々の花を。

2021年10月

31 10月

取手作りから塀の庇(ひさし)取り付けまで展開、コンペイトウのような花

玄関横にある塀出入口の取手作りをしたが、そしたら

今まで気にならない部分が気になり、塀のひさし

取付作業を始めた。


どこか一ヶ所の手直しを始めると今までほっといた

部分が気になり始め、あれもこれもとやり始める。


木製の塀は金属フェンスやブロック塀と違い定期的な

メンテナンスが必要で塗装に始まり、女竹の交換、杉皮の

手直し、ガタついた部分の修理など手間が掛かるが、どうせやるなら

これを大変と思わないで、のんびり楽しみながらやるのが一番


他人の庭ではとってもやる気は出ないが、毎日

目にする自分の庭でこそ出来る

少しずつ手を入れて庭の変化を楽しむとしよう


相当傷んでいたが、いづれやろうと思っていたが、これ以上傷むと

取返しがつかなくなるので、ヒサシ作りを即実行!

(散々ほっといて即実行はないだろうとツッコミが)
DSC_1101
庇に
水が溜まらないように、少し勾配をつける為に木材を加工
DSC_1099
ヒサシの板を塗装して
DSC_0858

ついでに板塀も塗装し直す

DSC_0859

桜の柱との取り合わせ部分は、柱に合わせてアール加工

カット&トライで何度も調整

DSC_1113

塀の下にはコンペイトウのような可愛い花「ヒメツルソバ」が

隣地との間に咲いていたが、最近の寒さにより葉は紅葉している
DSC_0840

DSC_0844

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
30 10月

一日一花  105 ツワブキ 糸芒

花  ツワブキ 糸芒

器  矢七田織部 古瓦

DSC_0931

DSC_0933

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
30 10月

単身赴任先での暮らし方 名古屋時代 JAZZキッサ 知立グッドベイト

JAZZキッサ 愛知県 知立 グッドベイト

レコードの数 4万枚とも

住所  愛知県知立市西町亀池11-2



ジャズキッサとしては珍しく明るい、ごく普通の喫茶店で

ここには変に気取ったところも無く、軽くお茶のみにイカナイって

感じの、気兼ねなく立ち寄れるお店



レコード保管場所を一度見せて頂いたが、その膨大な数に驚き!

レコードの保有量が4万枚 ハンパネェー


何度か伺いましたがいつも笑顔で接客された、これはJAZZキッサとしては珍しい!

マスターの人柄が良いので、
ゆったりとくつろげる店です。


こんな印象のお店でしたが、いつまでも、ちょっとだけ頑張って続けて下さい。
b9572efa0cfe6f66866366f72a75aab3-1500x990

736goodbait22
ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

にほんブログ村
29 10月

伊豆・伊東の旅 すっかりごちそうになりました 

ブログネタ
【公式】思い出に残る旅行 に参加中!
何年も前の事、伊豆にドライブしたが、その数日前に大島が噴火し

噴火に伴い地震も発生し、その後の余震も有った為に訪れる

観光客も少なく、閑散としていた、そんな時に噴火・地震が

有ったばかりの土地にドライブするなんて、若さゆえか、無知か

わからないが、その当時は天災の怖さを知らなかった。

市内のお土産物店に行く際に、たまたま通り掛かった宿の方から

部屋も空いているので、お安く提供すると誘われ、その
言葉に

すっかり乗せられ、急遽予定変更して伊東に一泊した。

その時の夕食は、宿泊客のキャンセルにより保存が出来ない魚などの

船盛が豪華絢爛で宿泊代以上の質・量の夕食で凄く得した気分になり

日頃のおこないが良いと、こんなラッキーな事が有るから、これからは

心を入れ替えて真面目な第二の人生を歩もう
a15_1-1

article_art002581_og_facebook

43691_0005117266_2

5b02b_0004397468_1

large_486127f5-49ad-4721-96b9-51b987b4e438

3874c0ab

54002_10_l (1)

img_20190818_215028

toukaikan

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
28 10月

デューク・エリントン&レイ・ブラウン 

This  One'S Blanton ジミー・ブラントに捧ぐ

パブロレーベルでのデューク・エリントン&レイ・ブラウン


エリントン楽団に在籍したベーシスト 
ジミー・ブラントへの

想いいれたっぷりな
レイ・ブラウンとの共演アルバム

1曲目のDo Nothin’ Till You From Meからデューク・エリントン

レイ・ブラウン共に素晴らしい演奏で思わず引き込まれます

エリントンのピアノが鳴り響き、レイ・ブラウンの

ベースも負けず劣らず素晴らしい!

パブロレーベルではカウント・ベーシーのアルバムなど

内容も録音も良く大好きなレーベルで、ジャズ・レジェンド達の演奏が聴けます。
R-8545866-1463832893-3765.jpeg
ジミー・ブラントはそれまでのバックでリズムだけの

ウオーキング・べースから革新的なソロを行った奏者として

名前を残しています、ここから更に後のビル・エバンストリオでの

スコット・ラファロなどにつながっていくのかな。



ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

にほんブログ村
27 10月

寄せ植え ケイトウ、シクラメン、カスミソウ 真っ赤に燃える秋

寄せ植え ケイトウ、シクラメン、カスミソウ

低コストでもこんな寄せ植えが出来ました。

燃える真っ赤なケイトと、小さな薄桃色のカスミソウ、白に桃色の縁取りの

シクラメンの組み合わせ


色の対比と、強烈な花と小さな花の対比に気をつけて、寄せ植えしてみた

3ポットだけのローコスト寄せ植えで、プランターは素焼きのお買い得品

コストパフォーマンスは高いぞ!!


今日購入して植えたばかりだが、これから少しづつ馴染んでいくであろう。

DSC_0893

DSC_0899

DSC_0895
DSC_0902
DSC_0901

DSC_0898

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
26 10月

咲始めたクレマチス ミケリテ 気品ある色合いが淋しい庭を楽しませる

クレマチス ミケリテ 濃いエンジ  or 濃い紫色、どちらとも

とれるミケリテが咲き始めた、花弁の数は4~6葉と変化にとんでいる

濃い目の色合いが庭を引き締めてくれる

蕾がいくつか出ているので、これから少しの間は楽しみ。
DSC_1130

DSC_1129

DSC_1131
雨に濡れても明日天気になれば元気になるルリマツリ
DSC_1132
ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
25 10月

キラー・ジョー ベニー・ゴルソンとクインシー・ジョーンズ

キラー・ジョー Killer joe

ベニー・ゴルソン作曲、
一度聴くと忘れない親しみやすいメロデイーで

いろんなミュージシャンが演奏していますが、私の持っているレコードは

THE  MEET JAZZTETとクインシー・ジョーンズのアルバム

THE  MEET JAZZTETメンバー
テナーサックス  ベニー・ゴルソン
トランペット   アート・ファーマー
トロンボーン   カーテイス・フラー
ピアノ      モッコイ・タイナー 
ベース      アディソン・ファーマー (
アート・ファーマーの弟)
ドラム      レックス・ハンフィリーズ

何十年も前の事、国内盤で一時1,000円~1,200円のレコード盤が


シリーズで発売されていた、PrestigeやArgo やCadetなどの

レーベルが売り出されていた、今考えると古き良き時代でした、

このアルバムもその時に購入した盤でジャケットデザインがイマイチ

だけど演奏は素晴らしい
んだよなー

91pweeXoQ6L._SS500_


クインシージョーンズ  ウオーキング・イン・スペースからキラー・ジョー



ベースがイイナーと思ったらレイ・ブラウン 流石!!

上品なピアノはローランド・ハナ

トランペットがフレディー・ハバードで

味の有るトロンボーンはジミー・クリーブランド



フレディー・ハバードの記事はこちらをどうぞ

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ スリー・ブラインド・マイス - ジャジーな毎日 (livedoor.blog)


ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ


25 10月

一日一花  104 ホトトギスとフジバカマ 糸ススキを添えて

花   ホトトギスとフジバカマ 糸ススキ

器   信楽 一輪挿し

以前はホトトギスとフジバカマは良く増えて、庭のあちらこちらに

根付いていたが、今年は少ない

いつもこの時期にはたくさんの花を付ける、シュウメイギクが

絶えてしまったのが、好きな花だけに淋しい

昔から一重の白い花が好きで、「ナニワイバラ」をパーゴラに

這わせていたが、名前の如く棘が凄いので、やめました。



地味な糸ススキが主役を引き立たせる名脇役で、いろんな花に

一味加えてくれる。
DSC_0872
フジハカマ
DSC_0878
ホトトギス
DSC_0873

DSC_0872

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
24 10月

JIVE AT FIVE ジョー・ニューマン 

JIVE  AT  FIVE ジョー・ニューマン 


ジョー・ニューマンはカウント・ベーシー楽団のメンバーで、

同僚のテナー・サックスの
フランク・ウエス、フランク・フォスター、

ピアノにはトミー・フラナガンでのアルバム


Wednesday's Blues  

ペット、サックスが
覚えやすいメロデイーを奏でて、トミー・フラナガンの

端整なピアノへと進みます

それにしてもトミフラのピアノがバックにいるアルバムは

いつも外しませんので、アルバム購入の一つの目安になります。

トランペット    
ジョー・ニューマン 
テナー・サックス  フランク・ウエス、
          フランクフォスター
ピアノ       トミー・フラナガン 

良くターンテーブルに乗せるアルバムです。

たまにはこんなゆったりとした演奏のジャズを楽しむ!!


とかく若い時にはコルトレーンやオーネット・コールマン

エリック・ドルフィーなどに夢中で聴いていたので

スイング・ジャズや中間派ジャズを敬遠していたが、やはり

リラックスしたジャズもイイモンダヨナー!!

R-15219245-1588269180-4674.jpeg



ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

にほんブログ村
23 10月

「海王丸」”海の貴婦人” 世界最大級の帆船が焼津漁港へ

「海王丸」が焼津港に寄港

夕方に焼津市のラインの案内が有ったので、夕飯を食べて

早速行ってきました。

【海王丸の行動予定】
10月22日(金) 14:00 入港 
10月23日(土) 10:00~20:00 埠頭からの見学会(事前予約制)
10月24日(日) 10:00~20:00 埠頭からの見学会(事前予約制)
10月26日(火) 14:00 出港

23日(土)、24日(日) 夜間にイルミネーションを点灯します。
 
見学会の予約は終了しましたとの事です。


予約がしてない為に船の近くまで寄れなかったので、いくつか場所を変えて撮りました

同じような画像が続きますが、感激の度合いに比例して画像が多いと良くとって下さい。

焼津市にこんなに大勢の人が夜出歩くのは、年一度の焼津荒まつり以外には

始めてのような気がします、たぶん緊急事態宣言で皆さんじっと家で

我慢していたからなのか、なにか事があれば、こんなに人も動く、

ポストコロナがいろいろ言われているが、皆さんの元気な姿を見て

なんとなく、安心した!

日本経済も停滞なく、頑張って欲しい!!

全てスマホからの画像ですが、綺麗に撮れますね
こんな事に驚くのはシニア世代のオジーやんだけか?
DSC_0882

DSC_0880

DSC_0887

DSC_0888

DSC_0885

DSC_0880

DSC_0882
DSC_0875

DSC_0874

”海の貴婦人” 世界最大級の帆船「海王丸」が静岡・焼津漁港へ(Daiichi-TV(静岡第一テレビ)) - Yahoo!ニュース

800px-Kaiwo_Maru_II_in_yokohama_japan

6e32b0ba9bc88df0b4d37839d1e0f411
今日の私のブログに魅了されて、明日のイルミネーションに出掛けるならば

車の規制も有るから、離れたところに車を止めて、少し歩いたほうが無難です。

その時は懐中電灯かスマホのライトで足元を照らして、事故の無いようにね

これだから年寄りはコウルサイと思われるんだネ!!

以前の焼津港に関係する記事 こちらもどうぞ

生きる事の美しさの有る漁港と富士山  - ジャジーな毎日 (livedoor.blog)

小泉八雲に愛された焼津の海・親切な人々との出会い - ジャジーな毎日 (livedoor.blog)


ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ


23 10月

ココちゃん美容院から帰ってきました、サッパリしたワン

ブログネタ
【公式】あなたのペットを自慢して! に参加中!
ココちゃんが美容院から帰ってきました、真夏のようには短くしなかったが

メキシコ産のチワワには寒かったのか、ゲージの中でフリースにくるまっていた

「サッパリとしたワン」「だけど少し寒いから、服を着せたままにしてほしいワン」

DSC_1265

DSC_1263

おやつを前に、おもわず舌が出てきました、

DSC_1266

DSC_1267

お預けされたので手を前に出したまま、ガマンしています

「お預けが長すぎて手が疲れた、写真はいいから、早く食べさせてほしいワン」

DSC_1268

「お代わりはないのかワン?」
DSC_1270

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
22 10月

露地の南天と下草「吉祥草」「玉龍」「フッキソウ」「ヤブコウジ」の競演

露地の南天(ナンテン)と下草
DSC_0865

DSC_0850

シラユキゲシは強いのでいろんな所から芽を出す
DSC_0855
夏に購入した玉龍も少し増え
DSC_0856
この南天(ナンテン)は路地に植えてから、初めて実がつき、色づいた

来年の正月飾りはこの南天を
DSC_0857

ヒサシが深いので多少の雨でも、吹き込むことがないこの場所は、意外と

植物を選ぶので、何度も植栽したが根付きにくい

雨が当たらない場所では、汚れが流されにくいので、常に水で汚れを流す

ように心掛ける

DSC_0868

DSC_0866

DSC_0864

DSC_0863

南天(ナンテン)名前の由来 

難を転ずる、困難を転じて福とする。
        
邪気を払う縁起の良い木として、鬼門などに植えて
        
又、強い木なので、余り枯れる事が無いので庭木に
        
使われる

家では裏庭に植えたが、赤い実が淋しい冬の庭を彩る、その木から出てきた

苗を露地と坪庭に植えて大きく育ってきた。

陽の当らない坪庭で育っている事からも、丈夫な木で有ることが判る。

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
22 10月

庭に遊ぶ 水紋 鬼瓦を控柱に据え

水紋の鬼瓦を控柱に据えて、遊んでみた

細部を見ると中々と凝った作り、まず波紋の切れの良い造形

、よく見ると家紋であろう丸三つが小さく描かれている

古い民家から出たモノだが、一対あれば自宅の屋根に据え付けたいが

、残念ながら一個のみで暫く、軒先に置いていたが、塀の控柱に

載せて遊んでみた。


瓦のうしろに取りけ穴が有るので、針金でまず板に止めて、板ごと塀に打ち付け
DSC_1228
前側に押さえの板を打ち付ける、これでビクともしない
DSC_1225
水の文字の両脇に有る、三つ丸は家紋か?
DSC_1227
波紋のラインが綺麗
DSC_1241

DSC_1242

DSC_1251

控柱の足元辺りは、雨の時に水が溜りやすいので
少し深く掘り下げ
、伊勢ゴロタ石を敷く。
DSC_1238

DSC_1250

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
21 10月

一ノ関ジャズ喫茶ベーシー訪問記「まわれ右」ジャジーでない、変な気遣い

ベーシー訪問2日目の朝は早くからベーシーに行きたくて

当時の開店時間11時少し前に行ったら、菅原さんが店の前で

マットのホコリを叩いているところに出くわした、何か見てはいけないものを

見た感じがして思わず「まわれ右」をして近くを軽く散歩してから

店に入った。

この話を友人の作家Tさんご夫妻に話したところ、菅原さんに対して

あまりにも尊敬の念が強すぎるからだと言われた、確かに菅原さんの

生き方全てが憧れであり、理想の生きかただと思っている。



菅原さん撮影のベーシーだが、なんとも言えない笑顔!

写す側と写される側との関係が垣間見える

005d5781
画像と動画して一致していませんが、良い動画でしたので出典させて頂きます



ポッチと応援をお願い致します。



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
20 10月

ビル・エバンス 晩年のアルバムも美しい演奏だった「You Must Believe In Spring」

ビルエバンス You Must Believe In Spring 

晩年のビル・エバンスの名盤です、アルバムタイトル曲は

ミッシェル・ルグラン作曲で、曲の美しさとエバンスの

リリシズムが相まって素晴らしい演奏となっています

この時、ビル・エバンスは慢性の肝炎を患い、自身その治療を

拒み、体がボロボロでメンバーからもマネージャーからも

音楽活動を中断して治療するように説得されたようだが

まるで死に向かっていたようで、ただ、そんななかでも

この美しい音楽を残した。

ローソクの灯りが最後に、ぱーっと辺りを明るく

照らすように、最後のともし火を全てのJAZZファン・音楽ファンに

残して・・・・


アルバム全体を通して、曲と曲のつながりも良く

最初から最後まで一気に聴ける、などと、そんな拙い言葉では

表せられない、真摯に音楽と向き合い、紡ぐ音には美しさしか感じない。

bill-evans-live



以前記したビル・エバンスのエピソードはこちらをどうぞ

オーディオの師匠 友人Yさんとビル・エバンス - ジャジーな毎日 (livedoor.blog)

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

にほんブログ村
19 10月

ブルーミッチェル BLUE'S MOODS

ブルーミッチェル BLUE'S MOODS

バックの軽快なピアノトリオにのって聴くペットも

いいですね。

ピアノ ウイントン・ケリー

ベース サム・ジョーンズ

ドラム ロイ・ブルックス

最初のフェイバリットピアニストは
ウイントン・ケリーと

レッド・
ガーランドでした

ケリーの軽快なスイングと、ガーランドのブロックコードに

惹かれました。

ジャズはピアノトリオに始まりピアノトリオで終わると言われますが

私の場合もピアノトリオから、ワンホーン、2管、ビッグバンド

ときたが、最後はしっとりとした
ピアノトリオをバックに

グラス片手にロッキングチェアに揺られとは、なりそうもないナー。
JW069


ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

18 10月

暗夜に浮かぶ「いさり火」 幻想的な世界に導かれて夜のしじまへ

ブログネタ
【公式】思い出に残る旅行 に参加中!
北海道の旅では、この土地ならではの美味しい食事を頂いた、どんなかというと

鯛やヒラメの舞い踊りの歌のごとく、カニ、エビ、ホタテ、ウニ、イクラ、イカ刺し

甘えびなど、ありとあらゆる海の幸、まさしく幸であった、始めて口にしたものも

有り、とても二人では食べきれない刺身の数々で、いつもならば、さっと終わる

夕飯だが、この時ばかりは相当な時間を掛けて頂いた。

食べ終わって、くつろいだ後に部屋の灯りを消したら、真っ暗な波間に

ゆらゆらと「いさり火」が目の前に浮かび、一瞬のうちに幻想的な

世界に導かれた。


宿の話では、夕食にも出されたイカ漁で

イカ釣り漁船に集魚灯を付け、その灯りに小魚が集まってくるが

その小魚をイカが捕食している、その集まってくるイカを更に

漁師さんがイカを捕食という事でしたが、この辺のことがらは忘れ


暗闇の中、海に漂う灯りを、ただ不思議な眺めとして、今宵のひと時

しばし幽玄の世界を漂うこととしよう・・・・
mondschein-fischer-90551a5b-f973-4eec-a9b1-bb37bb3c864c

120822M05-thumb-500x332-17567

248262657_624.v1624413797

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
17 10月

一日一花 ヤブコウジ 103 深まる秋と赤い実

鉢で育てたヤブコウジが、思いがけずに形よく育っていたので

アップ致します。

これから深まる秋とともに、実は赤く色づく

DSC_1195

DSC_1208

DSC_1207

ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

にほんブログ村
17 10月

ジャズの巨人たち The Sound Of Jazz by CBS1957

今日はジャズの巨人を一同に集めた、演奏の数々を録画した

動画が素晴らしかったのでアップします。

ジャズの根っこにある、ブルースについて各リーダーが

語っているのが興味深い


しょっぱなから凄いメンバーのカウント・ベーシー楽団から始まり

セロニアス・モンクの演奏をカウント・ベーシーが楽しそうに

聴いている姿や、ブルース歌手のジミーラッシングの「I Left My Baby」などが

心に残る


ビリー・ホリディ「ファイン・アンド・メロー」

ベン・ウエブスター、レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス、

ビッグ・ディケンソン、ジェリー・マリガン、ロイ・エルドリッジ

など、そうそうたるメンバーが伴奏して、各自がソロを始めると

楽しそうに聴いている、ビリーが素敵!

ビリーの元彼 プレスこと「レスター・ヤング」とビリーは、この少し前に

別れたばかりだが、元彼の演奏をうっとりと聴く姿がなんとも言えない

見所満載の動画で、ジャズが好きな方も、これから聴く方も必見!!

Billie-Holiday



PS
油井正一氏のバックに映る、以前使用した事が有るDENON

レコードプレーヤーが懐かしい

ダイレクト・プレイヤーDP3000にFR24マークⅡとグレースG840アームを

ダブルアーム仕様のプレーヤーキャビネットを、遠く清水区の

オーデイオショップでオーダーした、50年以上前の二十歳頃で、その頃は

車を持っていないので、うれしくて膝に抱えて電車に揺られて持って帰ったが

今考えると、どうしてあんな大きな、重いモノを運べたか?

運ぼうとしたのか、ワカラナイ

アンプを購入したときもそうでしたが、今と違い体力が無駄に有ったのか!!

LUXMAN SQ507Xの仕様 ラックスマン (audio-heritage.jp)



大きなキャビネットのプレーヤーや10キロ以上のアンプを

手に提げて、電車で持ち帰るなんて考えられない

今では10キロ入りの園芸土でも車まで運ぶにやっとなのに


ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

にほんブログ村
16 10月

”陰影礼賛”  日本の建具と幽玄の美 日本人に生まれて良かった

全ての建具を古い時代のモノを使っているが

玄関ドアの縦格子から入り、
トイレ、洗面所

物入れ(靴箱)に使用した建具などは古民家で使用していた、

千本格子に統一した、夜には廊下の電球色が柔らかい光で

階段を照らす、古い千本格子を多数使用して”陰影礼賛”の

世界を楽しんでいる。

防犯・断熱・耐久性ではアルミサッシが優位なので

外観はアルミサッシを使用して、防犯には万全を期している。


玄関ドア

玄関加工
以前は全ての灯りを白熱電球を使用していたが、省エネの為に

LEDに全て交換をした、白熱電球と違い熱も発しない

電球が切れる事もないので手間が掛からない

以前の ”電球の灯りが好きで、白熱電球しか使わない” 

このこだわりは何処に・・・

これも時代の流れか、はたまた私の手抜きか

廊下のドアを最近、自作したが、当然 並びの建具ラインに

合わせたので欄間高さが少し大きくてバランスを欠いた
DSC_0970

画像左側の枡格子は古民家からでた横長の衝立を加工して利用した

DSC_0969

玄関から直接階段が目に入らないように格子建具を

使う、夜には格子超しに階段からの灯りが
DSC_0973

この格子建具には横桟が入り、紙貼りの建具障子が5枚入る

丁寧な作りとなっている、夏は外して風を通し、冬は障子紙を貼り

多少の断熱効果と、柔らかい光を通す優れモノで、全て古民家からの

建具を使用した昔の家屋は凝っていた。


季節毎のしつらえにより、夏は涼しく、冬は暖かく

季節の移ろいを建具で感じる生活もいいもんだね。
DSC_0975

ポッチと応援をお願い致します。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
ギャラリー
  • 美しい女性が奏でる リスト セレナーデ
  • 美しい女性が奏でる リスト セレナーデ
  • 大井川河口のバードウオッチングにみる自然界
  • 大井川河口のバードウオッチングにみる自然界
  • 大井川河口のバードウオッチングにみる自然界
  • 単身赴任先での東京散歩 駒場 日本民芸館
  • 単身赴任先での東京散歩 駒場 日本民芸館
  • 現役時代の愛用品 こだわりの一品? ボールペン、シャープペンシル
  • 現役時代の愛用品 こだわりの一品? ボールペン、シャープペンシル