カティア・ブニアティシビリ 美しいピアニストが奏でる

エリック・サティ作曲「ジムノペディ」を聴く

いつ聴いても静かな幻想的な月夜が浮かんでくる、中秋の名月も

いいが、少しづつ欠けていく月を思い描く

美しい音が静かに心に沁み込んでくる・・・・

今宵は窓を開け放ち、夏から秋へと季節のうつろいを感じて・・・・


天は二物を与えずと言うがこの方は例外のようで

音楽の才能と美貌を与えられた。