JIVE  AT  FIVE ジョー・ニューマン 


ジョー・ニューマンはカウント・ベーシー楽団のメンバーで、

同僚のテナー・サックスの
フランク・ウエス、フランク・フォスター、

ピアノにはトミー・フラナガンでのアルバム


Wednesday's Blues  

ペット、サックスが
覚えやすいメロデイーを奏でて、トミー・フラナガンの

端整なピアノへと進みます

それにしてもトミフラのピアノがバックにいるアルバムは

いつも外しませんので、アルバム購入の一つの目安になります。

トランペット    
ジョー・ニューマン 
テナー・サックス  フランク・ウエス、
          フランクフォスター
ピアノ       トミー・フラナガン 

良くターンテーブルに乗せるアルバムです。

たまにはこんなゆったりとした演奏のジャズを楽しむ!!


とかく若い時にはコルトレーンやオーネット・コールマン

エリック・ドルフィーなどに夢中で聴いていたので

スイング・ジャズや中間派ジャズを敬遠していたが、やはり

リラックスしたジャズもイイモンダヨナー!!

R-15219245-1588269180-4674.jpeg



ポッチと応援をお願い致します。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

にほんブログ村